Concept

住まいづくりのコンセプト


HOME | 住まいづくりのコンセプト

01
1邸1邸、構造計算
(許容応力度計算)による
地震に強い家づくり

 

ダイシンホームは、パナソニック耐震住宅工法・テクノストラクチャーを全棟で採用。

01
1邸1邸、構造計算(許容応力度計算)による
地震に強い家づくり




ダイシンホームは、パナソニック耐震住宅工法・テクノストラクチャーを全棟で採用。

分譲住宅も注文住宅も、構造計算(許容応力度計算)による地震に強い家づくりが一番のコンセプトとしています。

2016年に発生した熊本地震では、耐震等級2で設計した住宅が倒壊している事実もあり、南海トラフ地震によるリスクがある愛知県では、耐震は忘れてはいけないポイントです。
 
建築基準法を守っていること=安心安全、ということは決してなくダイシンホームでは、家族、そして家という資産を守るために「構造計算による耐震等級3」にこだわります。



計算方法は構造計算を実施

 
建物の耐震性を設計する際には、どういった計算で設計したのかが重要です。
 
一般的に耐震等級は、耐震等級1を建築基準法と同レベル(等倍)とし、耐震等級2を1.25倍・耐震等級3を1.5倍としています。

しかし一般社団法人・耐震住宅100%実行委員会による調査では、熊本地震と同じ地震を想定した場合、あるプランにおいては建築基準法の1.5倍では不十分であるという結果が出ており、倒壊しない為には建築基準法の2.44倍の壁量が必要とされています。
(出典:一般社団法人 耐震住宅100%実行委員会)

1つのプラン例ではありますが、倒壊しない為に2.44倍の壁が必要であることは、構造計算を実施することで判明します。

このような計算方法の「違い」が、実際の家の耐力の「違い」につながっており、ダイシンホームはこの「違い」に着目して、地震に強い家づくりをおこなっています。


構造計算はパナソニックによる計算

 

             
         
 

肝心の構造計算は、パナソニックアーキスケルトンデザイン株式会社による計算、そして設計通りの施工が行われているかどうかの現場立ち合いを実施しています。
 
設計は実に388項目もの内容を緻密に計算し、邸別のプランにおいて躯体だけでなく基礎や地盤、そして家具などの荷重なども全て考慮した構造計算になっています。

さらに設計通りの施工を実施するため、パナソニック立ち会いのもとボルトの締め強度や本数など、現場の細かい部分までダブルチェックを行いながら家づくりをすすめていきます。



このような計算方法の「違い」が、実際の家の耐力の「違い」につながっており、ダイシンホームはこの「違い」に着目して、地震に強い家づくりをおこなっています。

02
住宅性能は長期優良住宅・ZEHを標準仕様

ダイシンホームでは、注文住宅・建売ともに住宅仕様を長期優良住宅に適合する仕様としています。

02
住宅性能は長期優良住宅・ZEHを標準仕様

ダイシンホームでは、注文住宅・建売ともに住宅仕様を長期優良住宅に適合する仕様としています。

 

耐震性 等級3(3段階中、最高ランク)
※パナソニックによる許容応力度計算を含む構造計算を全棟実施
劣化対策性 等級3(3段階中、最高ランク)
※構造躯体が少なくとも100年継続使用するための措置が講じられている
断熱性能

等級5(ZEH同等レベル)
※ご要望により等級6(G2グレード)への対応も可能です

省エネ性 等級6(6段階中、最高ランク)
※オール電化を標準仕様としています


断熱性能は、ZEH基準をクリアする断熱等級5以上を標準とし、補助金や長期優良住宅に適合する仕様になっています。

また太陽光発電などの設備についても、ご要望に応じて設置可能です。

太陽光発電を設置した場合の重量まで考慮して構造計算を実施しますので、安心感の高い家づくりをお約束。

03
住宅設備機器は、
選べるバリエーションが
豊富・グレードが高い
パナソニックを標準採用

ダイシンホームでは、分譲住宅でも注文住宅でも、パナソニックの住宅設備機器を標準的に採用しています。

03
住宅設備機器は、選べるバリエーションが
豊富・グレードが高いパナソニックを標準採用

ダイシンホームでは、分譲住宅でも注文住宅でも、
パナソニックの住宅設備機器を標準的に採用しています。
 

ダイシンホームでは、分譲住宅でも注文住宅でも、パナソニックの住宅設備機器を標準的に採用しています。

しかも、選べるバリエーションが豊富になるよう、” 標準 ” の設定を高くしており、家づくりで一番たのしいショールーム見学や、間取りを考えるときの満足感、そして住んでからの快適性による満足感で「違い」が出てきます。

当社でご契約いただいた方の直近5年間の契約後アンケートでは、約70%のご家族で、標準仕様に「満足感あり」の回答をいただき、標準のレベルの高さにもご満足いただいています。

また、水まわり設備だけでなく、外壁は耐久性が魅力のケイミュー・光セラを標準採用。

一般的な外壁は10~15年で塗り替えが必要ですが、ダイシンホームの標準仕様では40年の耐久品質を誇るグレードを採用しています。


デザインだけでなく耐久性にこだわることにより、将来的なメンテナンスコストを抑制し、家族で一番お金がかかる時期に多額の修繕費が重なることなく、家計にも安心感が高い家づくりを提供します。

04
お引渡し後からが
本当のお付き合い

家は建てて終わりではなく、住み続けるものでありアフターサービスが重要であると考えています。
私たちはグループのリフォーム会社「ドリームハウス」と連携し、保証・メンテナンスのアフターフォローを提供しています。

04
お引渡し後からが本当のお付き合い

家は建てて終わりではなく、住み続けるものでありアフターサービスが重要であると考えています。
私たちはグループのリフォーム会社「ドリームハウス」と連携し、保証・メンテナンスのアフターフォローを提供しています。

ダイシンホームはグループとして創業から50年の歴史になります。
西尾・碧南・高浜・安城を中心に、今まで建築頂いたお客様にご満足いただけるよう、そしてこれから家を建てる方にもご満足いただける体制を取っております。


HOME | 住まいづくりのコンセプト